top of page

「スノートレッキング体験×移住相談・交流会」開催しました!



2024年3月9日(土)「Talk on the SNOW 2024 ~スノートレッキング×移住相談・交流会~」を開催いたしました。当イベントは、「冬のみなかみ町に来てもらう」ことを目的として、昨年2023年に開催したスキー場での移住相談イベントに続き第2回目のイベントです!


今回は初心者の人でも楽しめる、「スノートレッキング」ツアーと移住相談会を組み合わせました。


スノートレッキングとは、「スノーシュー」と呼ばれる雪上で沈まないように歩ける装備を履き、雪原を歩くアクティビティです。難しいスキルは必要ないので、こどもから大人まで初めての人でも楽しめます!


ガイドは、トコトコみなかみの片野なおこさんです!片野さんはみなかみ町のUターン移住者でして、参加者にみなかみ町での暮らしについてお話ししていただきました。


今回の場所はみなかみ町北部、藤原の雨呼山です。山頂が500mの低い山です。当日は雪が少し吹雪いていたこともあり、安全に配慮してこちらの登山コースに決まりました。この写真のように、終日ずっと雪が降っていました。青空を拝めなかったのは残念でしたが、おかげで雪に覆われた木々の景色と、ふわふわな新雪を楽しめ、スノートレッキングにはいいコンディションでした!




早速スノーブーツ・スノーシューを履いてスタート!

最初は耳が少しツーンと痛くなるほど寒かったですが、歩いているうちに自然と体が温まっていました。新雪のため雪が柔らかく、足を踏み入れるたびに少し体が沈む感覚がありました。ふわっふわの雪の上なので転んでも全然痛くなかったです。


まっしろな道に自分の足跡をつける快感は、みなさんにも一度は体験して欲しいです!


周囲にある木々やみなかみ町の山の話などの豆知識を教えてもらったり、お互いの普段の暮らしについて話したりしながら、山頂を目指しました。


お昼休憩時は、全員で協力して雪の休憩所を作りました。ちょっとした雪山を掘って壁を作り、上からシートを張りました。その後、中の座る部分を少し雪を盛り上げたら、4人並んで座れる休憩所がすぐに出来ました!簡単なつくりですが、中は快適でした。






お昼はカップラーメン!(とカップスープごはんなど)

各々食べたいものをご用意いただきました。これがカップラーメンの1番の贅沢な食べ方だと思います…!


片野さん特製のクロモジ茶もご用意いただきました。香りがふわっと広がり美味しかったです。雪が降る中温かいお茶は体に沁みました。


休憩を終え、少し斜面となっている道を登り切り、無事に全員で山頂に到着!

吹雪いていたので景色はうっすらしか見えませんでしたが、ちょっとした達成感がありました。

下の写真が山頂の様子です。左側に実は十二神社の祠がありますが、雪ですっぽり埋まっていたのには驚きました。



帰りは来た道をたどり、すんなり到着しました!

途中天然の雪のすべり台で遊びながら、みなさんこどもに負けないぐらいはしゃいでいました。


そして憧れていた雪のへダイブ!このフカフカなふとんは癖になりそうです。




参加者の方に"冬のみなかみ町"を楽しんでもらえたかと思います!私自身も、雪があるからこそのみなかみ町の良さを改めて気づかされる1日でした。


ぜひみなさんも来シーズンの冬にスノートレッキングをしにみなかみ町にお越しください!道具のレンタルがあるので、防水・防寒できる服装(スキーウェアや冬山登山用)さえあれば、誰でもすぐにできます。

弊社でも今後現地イベントを開催しますので、随時FLAPのHPかSNSをご確認いただけると嬉しいです!


地域おこし協力隊 元井


トコトコみなかみ:https://tocotoco-m.net/

2月8日配信済「山のある暮らし始めてみませんか?/みなかみ町移住オンラインセミナー」アーカイブ

(片野さんがゲスト出演しております。)



コメント


bottom of page