top of page

みなかみNOW!〜2023年10月号〜




楽しい秋到来!すっかり涼しくなってきました!




こんにちは!みなかみ町の移住支援を行っている一般社団法人FLAPです。

残暑厳しいなぁと辟易していたら10月に入って駆け足で秋が到来です。今週は朝晩10度台連発で早速毛布とストーブを引き摺り出しています。これから一気に季節が移り変わっていきますが、目にも眩しい緑から、目の覚めるような紅葉に包まれる、美しい季節になります。そこにいるだけで心地よいみなかみ町、ぜひ堪能ください。というわけで、今月もみなかみの情報をお伝えしていきます!




収穫の季節。10月は地域イベント盛りだくさん!


秋は夏の喧騒も落ち着いて、少しメローな楽しみ方ができる季節。農産物の収穫シーズンでもあるので、美味しい旬の味覚を味わって、温泉入って、地域住民もちょっとほっこりする時期です。

今年は秋のイベントも以前の賑わいを取り戻しそう。FLAPでも楽しみにしている、今月開催の注目イベントを3つご紹介します。

地域の人の顔、地域コミュニティがどんな感じか、深く知れる機会です。

お時間あれば覗いてみてください。



10/14 土合朝市・夜市

無人駅だった土合駅が、グランピング施設として一躍スポットライトが当たった2020年。

その翌年から始まった朝市は、地元の人、地元のお店が、土地の恵みを参加者と一緒に楽しむマルシェイベントです。水上の自然の中、商品を手に取り、人と話し、のんびり過ごす。そんな最高な1日を。


土合朝市

土合夜市



10/21・22 たくみの里豊楽まつり

旬の恵みの美味しい!を堪能するなら、たくみの里の豊楽まつりははずせません!今年はまだ内容が未公開ですが、例年だと農産物や味噌の詰め放題など収穫の季節を祝う、楽しいイベントです。今年は烏天狗の大神輿も登場予定です!


いずれもそれぞれ個性的な取り組みで、みなかみ町の多様性を表しているなぁと感じています。お祭りは人が集う場。やる人も来る人も、この土地と地域の人がいてこそなので、遊びに行くと地域のことがよくわかります。遊びに来て、いっぱい遊んで、地域の人と仲良くなってもらえると嬉しいです。



FLAP交流イベント「ジビエdeBBQ」11月3日開催



FLAPでは、定期的に移住者を中心とした交流会を開催しています。今年の夏はあまり開催できず、、でしたが秋ピークになってくる11月3日にBBQ交流会の開催が決定!

今回は、猟期前の大放出!と称して昨シーズンのジビエを用意した特別なBBQになる予定です。結構貴重な機会ですので、ご興味ある方はぜひ!


猟期前につきジビエ大放出!

ゆーみん謝肉祭〜ジビエ de BBQ〜

みなかみ在住のハンター本間優美さんが精魂込めて狩った、ジビエ肉を満喫しよう!


・日時   2023年11月3日(祝)13:00〜16:00

・会場   FLAPオフィス前(テレワークセンターMINAKAMI内)

      群馬県利根郡みなかみ町月夜野3273−2

・参加定員 15名程度(先着順)

・参加費  大人(中学生以上)1800円、小学生500円、小学生未満無料

・お申し込み方法 

下記フォームからお申し込みください。

申し込み締切:10月29日日曜日18:00まで

※参加者多数の場合、先着順となります。

本イベントはみなかみ在住の本間優美さんが丹精込めて狩った、ジビエ肉(鹿、猪、熊もあるかも?)をみんなで堪能するイベントです。

・メインのお肉はジビエとなりますが、不足分は通常の畜産お肉を用意いたします。

・参加人数・供給量によって、ジビエ肉にありつけない場合や初ジビエの方は体質的に合わない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

・その他食材はお野菜(サラダ)をご用意しています。(いつも残るので少なめです。)

・ドリンク(お茶・ジュース)はご用意していますが、アルコールに関してはご自身でお持ち込みください。

・ご自身が食べたい、他の人に食べさせたい、おすすめ食材のさしいれ歓迎です。

・紙皿、紙コップ、割り箸のご用意はありますが、地球環境のため、マイ皿、マイコップ、マイ箸の持参大歓迎です。

・準備、片付けは可能な範囲でお手伝いください。

・イベントの写真を撮影、WEB等で紹介する場合がございます。

・雨天時も決行予定ですが、荒天の場合は前日の19時に判断して、メールにて参加者にご連絡いたします。


◎ジビエ肉は下準備が肝心!下ごしらえのお手伝いしてくれる方、大募集!

◎ジビエは煮込み料理が絶品!圧力鍋貸してくれる人、大募集!

皆様のご参加、お待ちしております。


秋といえば!りんご!今年はお早めに!

みなかみ町の秋の味覚といえば、りんごです。特に月夜野地区の名胡桃・上津あたりは名産地。綺麗な水と良質な土、寒暖激しい気候に育まれ磨かれたりんごは、毎年お得意様だけで売り切れることもあるほどの人気を誇っています。下の写真は、群馬県品種のぐんま名月ですが、蜜の入りがよく、強い甘みが特徴で大人気です。

今年は5月の霜害で、りんごの収穫量がかなり少なくなっており、ぐんま名月を始めりんごの供給がかなり少なくなっています。まだみなかみのりんごを食べたことがない方は、早めにチェックしてください。同じ品種でも農家さんによって、全然味が違います。味比べしてみて推し農家さん見つけるのも、秋の楽しみの一つなので、チャレンジしてみてください!




カメラ持って遊び行こ。

赤黄色に染まる山々は圧巻です。稜線から見下ろせが頂上から紅葉するグラデーションが、里にいればカラフルな油絵の世界に迷い込んだような景色が楽しめます。山が近い、そして様々な植生の地域だからこその美しさ。光の入り方でも見える景色が変わります。カメラ片手に、みなかみの山時間を楽しんでみませんか?






今月のみなかみ町人口・世帯数推移&出生数

毎月広報みなかみに掲載されている、人口と世帯数、そして出生者数のご紹介します。先月は久しぶりの8,000世帯でしたが、今月は−10世帯となり、8,000世帯を割り込んでしまいました。ですが前年ベースでは+20世帯になっています。(22年9月世帯数は7,973世帯)。ちなみに前年の人口は17,760人でしたので、人の数は-369人減少しています。人口増減は月毎で一進一退ですが、徐々に減少傾向にあります。人口の減少はみなかみ町だけでなく、全国の地方に共通しています。ちょうどいいサイズ感のまちづくりはこれからの課題になってきます。移住者が増えたり、関わってくれる人が増えるだけでも地域は少しずつ元気になります。みなかみ町に関心&応援お願いいたします。



町の情報がたっぷり!広報みなかみ10月号はこちらからチェック!(みなかみ町WEBサイト)






Comments


bottom of page