10/21みなかみ町移住ウェビナー開催!みなかみで見つけた!移住女子4人の「自然の中での自然な暮らし」



みなかみ町は関東有数の豪雪地帯、雪が多く降ります。また、町面積781㎢の90%以上は山林が占めており、山岳、森林、高原、湖沼、河川、渓谷など変化に富んだスケールの大きい自然が特徴です。


それってつまり「豊かな自然=厳しい自然」でもあったり。 都会に比べると自然環境は全然違います。


これらの環境に都会から単身で飛び込んできた(移住してきた)4名、それぞれこの町でやりたいことは違いますが、共通するのは「自然の中での自分暮らし」を大切に生活しています。

今回は、

しょうちゃん「水源地を守り、伝える」 ゆっこ「森を守り、伝える」 たみー「生活の中の自然を守り、伝える」 ぴーちゃん「環境を守り、伝える」

の4名の移住女子をゲストとしてお招きし、みなかみ町への移住のきっかけや、自然の中での生活と取組などを紹介してくれます!自然の中で暮らしていくということ、暮らしていく上で大切にしていることなどなど。気になる方はぜひぜひご参加ください!

なお、バナーイラストは移住してきた漫画家「百万さん」が作成。

オール移住者がみなかみ町の魅力をお伝えします!

開催日:2022年10月21日(金) 時 間:19:00~20:30 会 場:オンライン(zoomウェビナー) 参加費:無料 主 催:みなかみ町 共 催:群馬県、NPO法人ふるさと回帰支援センター、ぐんま暮らし支援センター、一般社団法人FLAP

<参加申し込み> 申し込みフォーム:https://forms.gle/XL7mpVoREUrCsr2C8 ※必ずフォームからお申し込みください。 申し込み締め切り:10月20日(木)12:00まで

<タイムスケジュール> 19:00 町概要&ユネスコエコパーク&SDGs未来都市の説明 19:10 自己紹介 19:50 トークタイム 20:20 ぐんま支援センターの概要

\\こんな方にオススメ// ・自然に近い暮らしがしたい方 ・利根川源流の町の取組を知りたい方 ・自然の恵みを活用した事業例を知りたい方 ・自然の恵み、おいしい水・野菜など旬を楽しみたい方 ・単身移住に検討している方 ・地域資源・人と連携した事業を検討している方 ・みなかみ町に関心がある方(移住でも観光でもなんでもOKです!) などなど、ぜひご参加ください!

【ゲスト】 ■しょうちゃん(柳沼翔子さん) 神奈川県逗子市出身 2021年移住 NPO奥利根水源地域ネットワークにて自伐型林業に従事 / 米国CTI認定プロフェッショナルコーチ/ リトリートデザイナー 人材・組織開発、企業の研修をコーディネートをする中で、相手と心を開いて話す経験を重ねるうちに「組織や人は自然の中で大切なことを話しだす」ということに気づく。それならば、豊かな環境の中で自分の内面と向き合えるように活動したいと思い、群馬県に移住・現地で林業家として活動しながらリトリートなどを開催している。

Tomaru:https://tomaru.org/

■ゆっこ(武田裕希子さん) 大阪府豊中市出身 2021年移住 (公財)日本自然保護協会 みなかみ町駐在職員。大学院時代にインターンとして赤谷プロジェクトに携わり、卒業とともに現職。植生や哺乳類、猛禽類などのフィールド調査と、頻繁に開催される様々な分野の会議運営、地域の人々との創造的な企みを進める毎日。豊かな森をより良い状態に保ち、森の恵みが地域社会で活かされるように…と奮闘中。時代や分野を越えて活動を展開する赤谷プロジェクト。その活動を通して自らが感じた驚きや喜びを、地域内外の多くの方に実感してもらい、それぞれの気付きやより良い人生に繋げていってもらいたいと願っている。

赤谷プロジェクト:https://www.rinya.maff.go.jp/.../akayanomori...

■たみー(田宮幸子さん) 神奈川県相模原市出身 2020年移住。フリーランスエンジニア/ゲストハウス・コワーキングスペース「ほとり」共同経営。アドレスホッパーからみなかみ町に定住。ITエンジニアとしてのリモートワークを軸に、自伐型林業チームへの参加、町内のゲストハウス&コワーキングスペースの立ち上げと管理運営などを行う。ゲストハウスを拠点に地域×移住者×旅行者を結ぶコミュニティづくりに力を入れて活動中。現在学んでいるライフコーチングを活かして、地域のみなさんの活動や生き方の支援も細々と始めている。

ゲストハウス&コワーキングほとり: https://hotori-minakami.com

■ぴーちゃん(宮﨑紗矢香さん) 神奈川県横浜市出身 2022年移住。立教大学社会学部卒。在学中に子ども食堂の活動をきっかけにSDGsに関心を持つものの、国内企業などのSDGsウォッシュの実態に疑問を抱く。その後、グレタ・トゥーンベリさんを知り、Fridays For Future Tokyoのオーガナイザーとして活動。新卒で入社した印刷会社では、社会課題を考える多数のイベントやソーシャルメディアを通じての外部発信を担当。『人新世の「資本論」』著者の斎藤幸平氏を招き、SDGsを再検討する企画では500人を動員。現在は、国立環境研究所 社会対話・協働推進室にてサイエンスコミュニケーターを務める。 共著に『グレタさんの訴えと水害列島日本』(学習の友社、2020年)、『子ども白書2020』(かもがわ出版、2020年)。

ぴーちゃん個人HP:https://linktr.ee/sayapi8350

【イラスト】 ■百万さん(百万友輝さん) 石川県河北郡津幡町出身 2022年移住 漫画家・漫画ディレクター/「百漫画」代表。 広告代理店での勤務を経て2011年独立。企画提案やデザインまで行う漫画制作を得意とする。コロナ禍で夫の勤務先(東京)がリモートワーク中心になったため、夫婦ともに職を変えないスタイルでさいたま市からみなかみに移住した。 趣味は盆栽と飼い犬(元保護犬の柴犬)の生態をSNSにアップすること。

百漫画:https://hyakumanga.com

〈みなかみ町ってこんなところ〉 みなかみ町は群馬県の北部に位地し、新潟県に隣接しています。東京駅から新幹線で約65分、関越自動車道の練馬ICから約90分と好アクセス。 町内には水上温泉や猿ヶ京温泉など18か所の温泉地があり、利根川水源地でもあり夏は清流を活かしたラフティングなどのウォーターアクティビティが盛んです。冬には軽やかな雪が降り、町内8か所あるスキー場でウィンタースポーツも楽しめます。 また、果樹・野菜栽培も盛んで、特にリンゴやサクランボは県内有数の生産量を誇ります。 これら魅力的な自然環境を「まもり、いかし、ひろめる」こと、人と自然の共生をテーマとして私たちみなかみ町民は生活しています。2017年にユネスコエコパークに認定され、2019年にはSDGs未来都市にも選定された自然と暮らしが共存する町、それがみなかみ町です。